【松原市 O様邸】 雨漏工事/外壁塗装工事 25日間

外壁塗装施工前

通常の雨降りでは起こらないのですが、台風やゲリラ豪雨の特別な強風が伴う雨降りには、頻繁に雨漏れに悩まれていました。

施工前ー2
施工前ー3

外壁塗装施工後

いろいろな調査の結果、雨漏れの原因を改修させていただきました。

施工後-1
施工後-1
施工後-2
施工後-2
施工後-3
施工後-3
工事期間
  • 外壁塗装工事:15日
  • 雨漏れ補修・ベランダ防水:4日
  • 外壁・屋根補修工事: 6日
エリア

大阪府 松原市

価格(税別)
  • 外壁塗装費用:130万円(調査費用:20万円)
  • ベランダ防水費用:20万円
  • 外壁・屋根補修費用:20万円
工事概要
  • 外壁洗浄:高圧洗浄+オリバークリーナー(専用専用洗浄剤)
  • 外壁塗装:プレミアムシリコン(SK化研)を使用
  • コーキング:オートン社超耐久コーキング
  • 補修工事:補修板金(補修用水切り)・屋根補足板金
  • 防水工事:ウレタン防水

ミズノライフクリエイトを選んだきっかけ

中古で購入した物件でしたが、5年前の台風の時期に雨漏れが激しくなり、雨漏れを補修しても全く止まる気配がなかったので、きっちり工事が出来る会社を探していました。

他の塗装業者や工務店さんでも見積もりを依頼したが、それぞれ言っていることが違っており、その中で、説明に一番納得したのがミズノさんでした。

こちらの質問に対しても一級建築士の方の的確な回答に納得したのでミズノライフクリエイトさんにお願いすることに決めました。

お客様の建物の状況を調査診断

外壁モルタル仕上げの劣化状況は色々なタイプがあります。

外周からの診断~仮設足場からの診断状況を見直して、適切な対応ができるように、外周診断だけではなく再度足場から工事の診断を始めるように、お客様にはご提案させていただいております。

①:塗装工事前に外周の確認を行ってからの様子のチェック(1回目)

②:外壁工事前に、足場から外壁の劣化状態の状況調査(2回目)を行います。

水野社長
ミズノライフ 
水野

足場設置前の事前調査は、正確な劣化状況の判断は限界があると考えています。せっかく足場を設置するのなら、劣化部位の修復後に塗装工事を行う、のが理想の手順です。

工事前の事前調査(1回目)

  • 経年劣化(築20年超)がかなり進んでいるように見受けられました。
  • ベランダ外側に雨漏れのおそれあり。

足場設置前の事前調査として目視による調査と、お客様と打ち合わせでサーモカメラによる雨漏れ調査(オプション)を行いました。

外観の調査(調査―①)

見積依頼と同時に現場調査を行います。

調査
現場 調査1回目の様子

サーモカメラによる劣化診断ー(ご依頼又はオプション)

目視ではわかりづらい雨漏れの状況を、熱画像で雨水の侵入状況をお見せします。

赤外線サーモグラフィによる劣化診断1
赤外線サーモグラフィによる劣化診断1

上記の画像と同じく、ベランダの雨漏れの熱画像になります、わずかな温度の差の状況が雨水の侵入のようすを表しています。

赤外線サーモグラフィによる劣化診断2
赤外線サーモグラフィによる劣化診断2

サーモ診断にご興味のある方は「赤外線診断(サーモグラフィー)による雨漏れ、劣化の診断はバッチリ効果的!」をご覧ください。

足場設置後の調査(2回目)

  • 外観を外周から見るのと、実際の足場から確認するのと違う場合があります。
  • 外周調査と足場からの調査と見比べる必要があります。
足場からの調査の様子
足場からの調査の様子(イメージ画像)

足場からの調査(調査―②)

  • ベランダの劣化及び雨仕舞いの不備の恐れがありました。
  • 台風やゲリラ豪雨の場合においては、近隣の建物と立地の関係が大きく影響します。
水野社長
ミズノライフ 
水野

ここで注意してほしいのは、複合(2か所以上あるまたは別の部位)の雨漏れがあるかどうかの確認が必要になります。

モルタル仕上げのバルコニー劣化の様子

サーモグラフィ画像の雨漏れの形状から、複合(2か所以上あるまたは別の部位)の雨漏れの恐れを視野に入れて調査します。

ベランダのドレーンの劣化が予測されます、

雨漏れと思われる箇所
雨漏れと思われる箇所

補修されているバルコニー内の劣化が目立つので、バルコニー部全体または周辺部位の調査の必要があります。

バルコニー手摺の雨漏れのおそれの様子

バルコニー手摺の亀裂より、雨水の侵入が予測されます。

亀裂部位から雨水の侵入
亀裂部位から雨水の侵入

バルコニー手摺の亀裂より、雨水の侵入から雨漏れのおそれの様子

屋根の工事の施工不良の様子

防水シートの工事不備による慢性の雨漏れ、

以前の持ち主は「慢性の雨漏れが起こっていたので、早々に売却されていました。」雨漏れの中古物件の購入は注意が必要です。

防水シートの施工不良
防水シートの施工不良

バルコニー手摺の散水テストの様子

実際の散水テストから、雨漏れの確認をさせていただきます

散水試験の様子
散水試験の様子

モニエル瓦の取り合いの雨漏れの様子

瓦の取り合い部位からの雨漏れは、施工時の問題もたまにあります。この時点での雨漏れはその他の部位にも注意が必要といえます。

散水試験から漏水確認の様子
散水試験から漏水確認の様子

階間(1階の天井裏)よりの漏水跡

天井裏の様子で分かるように、2か所以上の雨漏れがあります。

  1. 旧雨漏れ跡(ベランダ以外の場所からの雨漏れ)の様子
  2. 散水試験での雨漏れの確認画像

このことより、O様の雨漏れは2カ所以上起こっている可能性があります。

スタッフの藤原-2
担当 藤原

外壁塗装工事の場合と外壁補修工事の違いは、雨漏れ・外壁屋根の激しい劣化の場合には劣化の調査から工事を始めることが大切です。

仮設足場の設置

足場の設置の場合、近隣トラブルを防ぐためにも、警備員の配備は必要です。

足場設置の警備の様子
足場設置の警備配備の様子

O様邸の工事施工内容

下記の手順で施工・調査を行います。外周部の修理・補修を入念に行うことで後々トラブルが発生しにくくなります。

  1. 仮設足場の設置
  2. 外壁全体の劣化・屋根劣化の調査(2回目)
  3. 外壁・屋根及び劣化部位の修理・補修
  4. コーキング工事
  5. 塗装工事

スタッフの藤原-2
担当 藤原

築年数が20年以上経過している、モルタル仕上げの外壁は、亀裂・金属部位の劣化が目立ちだします、モルタル仕上げの雨漏れは十分な調査が不可欠です。

付着テストの様子(パッチテスト)

築10年以上経過している外壁にはいろいろな状況が想定できます。

  • 外壁のチョーキング現象
  • 亀裂(外壁)
  • 塗装の変色

等々。このような状況が起こっている場合は、塗装の付着力が著しく劣化してるとみられ、外壁塗装後の剥離・ふくれの原因を防ぐためには塗装の付着テスト(パッチテスト)は必要です。

(関連記事)【外壁塗装パッチテスト(剥離テスト)とは】必要性とやり方を徹底解説

付着テストの様子-1

今回は2種類の下地専用塗料のテストを行います。

試し塗り
試し塗りテストの様子

付着テストの様子-2

このように、テストの塗料が付着している様子です、このように下地塗料が付着しますといくら中塗りや上塗りに高級塗料を使用しても、はくり・メクレの原因になりやすくなります。

下塗り塗料の付着の様子
下塗り塗料の付着の様子

コーキング工事の様子

今回は、一般的なウレタン系のコーキングを使わないで、より耐久力のあるオートン社の(TF-2000)コーキングを使用しました。

※現場によっては、予算の関係で金属廻りやサッシ廻りのコーキングをしない場合をよく聞きますが、できれば窓回りのコーキングは必要と考えてほしいです。

サッシ廻りのコーキング工事完了の様子です。

窓回りのコーキングの様子
窓回りのコーキングの様子
使用コーキング
超耐久コーキング(オートン化学)

高圧洗浄・バイオ洗浄の様子

バイオ洗浄(オリバークリーナー洗浄)

弊社の扱うオリバークリーナー洗浄は、とても効果的に汚れを落とすことができます。洗浄後は真っ白になり、新しく工事した時のイメージを再現することが出来ます。大谷石など柔らかい石の洗浄からタイルの洗浄にも適しています。

洗浄処理を入念に行うことで、塗料の性能を最大限に発揮する外壁塗装・屋根塗装工事ができるようになります。

(関連記事)外壁塗装におけるバイオ洗浄の役割・特徴とメリット デメリット

オリバークリーナー(バイオ洗浄)の様子

バイオ洗浄
オリバークリーナー(バイオ洗浄)

下塗り・中塗り・上塗りの様子

付着テストの結果ミラクシーラー(下塗り塗料)を採用しました。

ミラクシーラー下塗りを行っています。

下塗りの様子
下塗りの様子

外壁中塗りの様子です。今回塗料は、プレミアムシリコンを使用しました。

中塗りの様子
中塗りの様子

仕上塗り
仕上塗り

ベランダの防水工事様子

ウレタン防水(通気工法)

サーモグラフィ画像でもわかるように、ベランダ平部も雨水の侵入が画像化されています、雨水が侵入していると思われる箇所を、修理または補修します。

防水工事
防水工事

鉄部塗装

コーキング処理+鉄部塗装
コーキング処理+鉄部塗装

施工完成後の外観

施工完成後の外観です。

施工後-2
施工後

雨漏れの工事も無事に完工できました。

大阪で外壁塗装はお任せください

一級建築士の在籍する大阪の外壁塗装リフォーム専門店
大阪で外壁塗装ならお任せください。
一級建築士が在籍する大阪市平野区にある地域密着の外壁塗装・リフォーム専門店です。
  • 国家資格保有者による施工
  • 自社施工で安心価格実現
  • 創業68年!施工実績1万件以上

詳しくはこちら

一級建築士在籍の外壁塗装・リフォーム専門店